2006年07月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/23

前回50UPを釣ったのは何時だったかん~っと・・・んーっと!
先々週の2釣行で1回目は43を頭にパラパラ!
2回目は30クラスで ふーっ!
私のブログとリンクして下さっているGAMBLERやdeitaforceのメンバーは相変わらずデカバス釣っておられます。
今日は先日手に入れたバズビルマグナムの試投を兼ねて早朝から出撃予定。
が、またもや昨夜の呑みすぎで起きれず家を出たのは午後3時過ぎ
到着してバズビル片手に
スポンサーサイト

07/17

先週の火曜の夕方少しと今日の昼過ぎから雨の中少し琵琶湖へ行ってきましたが、
 まずは昨日の鮎釣初釣行記から!
よく行く料理屋(つち山)の弟さんで魚屋(魚よし)のご主人Mさんに鮎釣を初体験させていただきました。
パソコン前日は全くの未経験なんでパソコンなどから情報収集!
電話で用意する物を聞いてみる。
ネオプレーンウェーダー 持ってます。
ベスト         持ってます。
偏向サングラス     持ってます。
キャップ(帽子)    持ってます。でバス釣用が結構役立ちます。
後は弁当(おにぎりと缶詰)&一気飲み
竿と仕掛けなどはMさんの予備を貸していただけます。

日曜日の早朝Mさん宅から一路周山街道を北上!
京北町方面へ!
川の様子を見ながら北上を続けるが前日の深夜に山間部で降った雨のせいで増水と鮎釣には致命的な濁りがあり少しでも回復の早い上流部を目指す。
そして、交流の森キャンプ場前でストップ!
これ以上、上に行っても無理そうで初心者の私には川幅も広く流れも穏やかなんで練習がてらここらでやってみることに!
ここで一旦、囮鮎を買いに走るが売っているのは垂れ看板がなければただの民家の軒先。
M氏が天然の鮎はありますか?に出てきたおばちゃんはみんな出てしもたわ!
養殖鮎は4匹で¥2200なり!(天然は1匹¥100高いらしい)
釣り場に戻り、最初は見ているつもりがM氏曰く、やらなわからんで!まずはM氏が仕掛けを終え囮鮎を川へ放すようにアプローチに入る!
真剣に見入る!
川の流れやよれ、そして鮎の着き場所や習性などの解説付きで聞き入る!
さーほな!やってみよか!
えっ!イキナリで戸惑うが何も解らない私の後ろに立って竿に手を添えて操作方法をレクチャー!
フムフム!教えを被るが難しい!
M氏 あすこの岩の向こう側に送りこんでみて!
私  少し上流側に立ち位置を変えてアプローチに入る!
ブルブル!鮎が流される!なんか引っ掛かったかな?
M氏  竿を立ててみて!
ブルブル! 
M氏  釣れてる!
何も解らずパニクル!M氏に助けを求めて竿を渡すと竿を立てた瞬間!鮎ダモで空中キャッチ!
 最高! おーっお見事!流石ベテラン!
記念すべき1匹目は小さいながらもしっかり鮎である。
鑑賞する間もなく囮鮎を釣った天然鮎に交換!
M氏によると最初に使った養殖鮎は流れの弱いところで育った為に流れに負けてすぐに弱ってしまうらしい。(弱るとお腹が白くなってくる)
弱ってしまうと縄張りを持つ元気な鮎から相手にされず釣れなくなり
まんべんなく釣れれば元気な鮎を供給できるが私のような初心者は竿の使い方だけで囮鮎をどれほど弱らしてしまうか不安一杯!
その場所で私が2匹追加でM氏が4匹で計7匹釣るが近くに他の鮎師や川原でバーベキュウ家族が増えてきたのとサイズアップの為に下流へ昼食を兼ねて移動する。
次に向かった場所はサイズは上がるが数釣は無理とのこと。
つち山さんで作って貰ったおにぎり3ヶにおかずは缶詰の焼肉でビールの昼食を終えて早々に川へ!
先行者は向かい側に1人で釣果を聞いてみると大したことなし!
?鮎釣ではあまり人に釣果を言いたくないらしい!(この人だけかな?)
竿の用意をしていると一瞬で暗雲が立ち込める!
急いで車へ合羽を取りに戻り間一髪セーフ。
あらしだ~ザーーーッ!
山間部の定番、通り雨ですぐに止んでしまう。
釣再開でここでの美味しい場所を教わり入水して最初(一投目)に沈み岩の横へ送り込む!
バス釣で言うところのガツンで川下へ囮が流されると共にグイグイと竿から手元に明らかな反応を感じて下流へ移動中のM氏に伝えて岸際へ寄せるとえーサイズやの声!
M氏がタモで水中ランディング!揚がってきたのは18センチ位の今日の中では最高のサイズで
ヨッシャー!やったぁ~!で最高の囮鮎ゲット!
M氏もこの囮なら最高やし一人で頑張ってやってみてとM氏も自分の釣りに専念!
その後は根掛かりや海老(鮎つり用語)になったりで最悪!釣れない時間があっという間に過ぎ囮鮎も流されて弱りだし、諦めて鮎を魚籠に入れてM氏を待つ事10分!上流から戻ってきた時を同じくして遠くで雷まだ3時やけど危ないしぼちぼち帰えろか?でカミナリには勝てず即撤収。
帰りにM氏が橋の上から鮎が見れる場所へ連れて行ってくれるが道端には鮎師の沢山のクルマ列にビックリ!(琵琶湖と変わらんか!)
そして昨夜は釣たての天然塩焼き鮎とキンキンに冷えたビール乾杯!
20060717220718.jpg

鮎は旨いが鮎釣は奥が深いし難しーーーい!

バス釣はまた明日!

元気な癌患者!

カテゴリ:友達

07/09

一気飲み
ここのところ毎晩呑んでばかりで釣りにも行ってません。
今日は友達の話を少し
私と同い年で親友の○oちゃんが約3ヶ月前の仕事中にお腹の痛みに耐え切れず病院へ!
そして検査後の結果!あってはいけない癌告知だったのです。
○oちゃんの奥さんから腸に腫瘍ありで検査入院して体力のある間に手術すると連絡が入る。
 えっ!嘘やろ!冗談は止めてや!とガンの2文字が頭の中を駆け巡る
この話を続ける前に3年前の7月4日に仲の良かった友人を癌で亡くしています。
彼も仕事人間で責任感が強く背中の痛みを耐えながら仕事を続けていた。
そんなある日に皆から一回医者に行って来いと即され病院で検査を受けた時には手術も出来ないほどの手遅れで約3ヶ月後亡くなられてしまいました。
その友人が入院していたころは毎日のように病院へ通い
 今日の気分は?
 どんな治療したん?
 なんか食べたいもんないか? などなど。
本人にしたら家族や仕事の心配に治療や薬の副作用で辛く喋るのも嫌な日もあった事でしょう。
増してや、彼の痛みもわからず元気になったらゴルフや旨いもん喰いに行こな、など軽率にも言ってしまった。
   今、思えば自分が情けない!

だからこそ○oちゃんには?
今、彼とはなんら以前と変わらない付き合い方をしています。
病気の症状や治療経過もそれほど真剣には聞いていません。
 たまには
   私   最近どーよ?
   彼   ボチボチ!
   私   検査の結果は?
   彼   ちょっと小っちゃなってるって!
   私   良かったな!
               みたいな感じです。
でも水臭いなんて思わないで下さいね。
元気な私や周りの人間が何を言っても本人の体調や病気の辛さはわからないし、癌に犯された人の心理状況や精神面など想像を絶する事でしょう。
痩せて髪の毛が抜け始めても、おっ元気そうやん!頑張りや!などとは言いたくありません。
だから自然体で付き合っていこうと思います。
まだまだ癌と戦い辛い日々が続く事でしょう。
彼に私からのアプローチはしません。
体調のよい時に遊びにおいでよ!の誘いや何かして欲しいを自分から言ってくれる友達でありたい。

 勇気ある彼のホームページを紹介します。
  http://plaza.rakuten.co.jp/gantaro/
トップの画像はオチャラケで貼った訳ではありません。
      彼から教えて貰いました。
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Calender

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

全記事(数)表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。